価格 500円
形状 単行本
ページ 203
出版社 エル書房
発売日 2011/11
言語 日本語
ISBN-10 443416077X
ISBN-13 978-4434160776
商品の寸法 17.4 x 10.8 x 1.2 cm

26年でダメになる家と資産になる家の違いとは!?

笹川晋也

内容の紹介

資産価値の高い家は、決して高価ではない。長期優良住宅なら、長く住めて経済的で、そのうえ“生活の質”も上げられる。さらに、「マイホーム借上げ制度」という新たな“資産としての価値”も付加できる。もう、26年でダメになる家のために住宅ローン返済で苦しむのはやめにしよう。


[著者略歴]

笹川晋也
株式会社エーティーエム建築代表取締役。一級建築士・一級建築施工管理技士。宅地建物取引主任者・SE構法施工管理技師。α‐SE施工管理技師。1995(平成7)年、分譲住宅販売店より独立し、住宅会社・有限会社エーティーエム建築を起業。翌年一級建築士免許取得。東証一部上場企業ナックと業務提携し、「ローコスト住宅研究会橿原事務局」を設立する。2006年12月、「つくり手の会」を結成、全国副会長、関西会長に選任される。「家づくり、はじめの一歩」という本を自費出版し、家づくりで悩む人の指針になるようにと無料で配布する

口コミする