編集長ブログ



大土井さん、りえさん、ご結婚おめでとうございます♪



大土井さん


ご列席のみなさまも様々な分野でご活躍の個性的な方々で、とっても素敵な結婚式です。


弊社代表の網蔵と楽しく披露宴に参加しています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 




ボタン押したい


ボタンがあったら、押したい。


水溜まりがあったら、入りたい。


段差があったら、昇りたい。



子どもは可愛いです?


私の肺年齢

| コメント(0) | トラックバック(0)



明日.5月31日は、世界禁煙デー。

ということで、放送の帰り道、『肺年齢チェック』無料開催に参加してきました。

 

世界禁煙デー



結果は+7歳の44歳。

タバコ吸わないのに・・・ショック・・・(´Д` )

 

石破茂さん、明確な世界観をお持ちで、社会に対して大きな使命感をお持ちの素敵な方でした♪


石破茂さん


開沼博先生

| コメント(0) | トラックバック(0)



フクシマ論〜原子力ムラはなぜ生まれたのか〜』の開沼博先生をお招きしての

蔭山ゼミに参加しました。



開沼博先生



ゼミで、社会学的な視点からの世界の見方について学んでいます。





こまえクリニックの放生先生から、新刊をプレゼントが届きました♪


読むだけで「おめでた力」がアップする『妊娠カウンセリング』


妊娠カウンセリング




うちは幸運にも、なんの苦労もなく一人目を授かっただけに、

2人目もかなり余裕に思っていました。



ところが、35歳を超えた自分には「二人目も余裕♪」というのは、

とんでもない勘違いだったことがこの本で判明!


35歳以上で妊娠を望んでいる女性や、

若くても、なかなか子宝に恵まれないと不安に思っている方、

なんとなく妊娠に不安のある女性にとって、参考になる1冊です。

妊娠・不妊というデリケートな問題に、真摯に答えてくれています。


また、不妊だけでなく、すべての悩みについて共通して言える事ですが、

自分の悩みと「インターネット上の情報」との付き合い方のスタンスについて、

放生先生のお考え(本分156P〜156P)に、とても共感しましたので、

ご紹介させていただきました。


 



土曜日に、娘の保育園の遠足で行ってきました。


橋のたもとに「まっくろくろすけ」がいる遊び心に、思わずカシャリ!


まっくろくろすけ


ズーラシアは、動物たちにストレスを与えないように、

あえて、隠れ家をつくっているとお友達が教えてくれました。

緑の自然がたっぷりで、気持のいい動物園でした♪



そんなズーラシアの正面には、『呼吸する家〜結露もカビもさようなら〜』の著者で、

健康な家づくりに生涯を捧げていらっしゃる、?スズコーの岩倉社長の会社があります。


ズーラシアの帰りには、生活臭がしない、

空気が新鮮な『呼吸する家』も体験してみてはいかがでしょう?

お子さんのアトピーやアレルギーにお悩みのご家族に、特にオススメです。




川崎市で保育園から学童、学習塾まで、子どもの成長を支援している

ぶとうの木の堀さんのお話を伺ってきました!


堀さん


子どもには駄々をこねる時期があって、それを愛情をもって受け容れてあげることで、

こどもの心が成長する。子どもは受け容れてられることで、

安心して人の要求を認める心が育まれる。



堀さんのご著書『育つ、育てる、育ち合う(仮)』

もうすぐ原稿UPです! お楽しみに♪




痛みの専門院、坂戸孝志さんのラジオ番組に招いていただきました。



坂戸さん


ラジオ日本さんで、初めてのラジオ収録、ドキドキでした!


坂戸さんの新刊、『坂戸式ゆらゆら筋肉ほぐしダイエット』を一分間だけしたところ、

パンパンだったスーツのスカートが、ゆるゆるになって、一晩あけた今日もいい感じです♪



放送は6月7日(木)と6月14日(木)の早朝2:30〜3:30 の『 I love beauty』

坂戸さん、素敵なチャレンジを、ありがとうございました♪


企画の橋渡し

| コメント(0) | トラックバック(0)



Facebookで知り合った不妊治療専門家で、

本も9冊出版なさっている放生先生と、はじめてお会いしました。


自称「せっかち」とおっしゃる放生先生は、頭の切れが抜群で、

発言、行動に無駄がなく段取り力も抜群の方でした。



Facebookを通じてご提案いただいた本の企画が、

以前からお世話になっている編集者さんにピッタリだと思い、

ご紹介してみたところ9〜11月の読書の秋にむけての出版が決まりまし
た。

ビジネス書をコンスタントに数万部売っている私の尊敬する編集さんです。

最新作を1冊いただいたので、今、移動時間を活用して楽しく読ませて頂いています。


放生先生