編集長ブログ

子どもには駄々をこねる権利がある

| コメント(0) | トラックバック(0)



川崎市で保育園から学童、学習塾まで、子どもの成長を支援している

ぶとうの木の堀さんのお話を伺ってきました!


堀さん


子どもには駄々をこねる時期があって、それを愛情をもって受け容れてあげることで、

こどもの心が成長する。子どもは受け容れてられることで、

安心して人の要求を認める心が育まれる。



堀さんのご著書『育つ、育てる、育ち合う(仮)』

もうすぐ原稿UPです! お楽しみに♪


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lshobou.com/mt/mt-tb.cgi/272

コメントする