編集長ブログ

子どもに教えたい【欠ける時間と満ちる時間】

| コメント(0) | トラックバック(0)



先日、娘(1歳11ヶ月)が通う保育園の参観会がありました。


保育園での子ども達の様子をライブ中継して、

親達が他の部屋からスクリーンで保育の様子を見学する、

という、ちょっと風変わりな参観会でした。


その中で、保育士さんたちが、子ども達に時計を見せて、

「時計の針が“9”になったら、お片づけをはじめるよ!」

というように声かけをしていました。


430482_260322680711752_462270746_n.jpg

  


子ども達は“9”の時間まで思いっきり遊んで、

“9”の時間になったら、今度はお片づけを目一杯楽しんでいました。


これをもし、「時計の針が“9”になるまでにお片付けしてね」と言うと、

子ども達に緊張感とストレスが生まれてしまうそうです。

“9”までに、お片づけを“しなくてはいけない”から、
遊ぶ時間も足りないし、

お片づけが遊びの時間を削る「嫌な事」になってしまいます。


=======================

チクタク・チクタク、「あと何分でやらなくては」

と考えて減っていく時間→【欠けていく時間】



チクタク・チクタク、「何時になったら〜〜しよう」

と目標をもって過ごす時間→【満ちていく時間】 



子ども達には、【満ちていく時間】を過ごさせてあげたいですね、
と、園長先生。

=======================


「時間が足りない」と、人生をアクセク欠乏感とともに生きるのか、

時間と心に余裕をもって、満ち足りた気持ちで生きるのか、

生き方を決める考え方のヒントが、娘が通う保育園の
2歳児の取り組みの中にありました。


自分自身への声かけ次第で自分の幸せ度が変わる、

親や保育士の声かけ次第で子どもの幸せ度が変わる。

「言葉って大事だな〜」と思った娘の保育園の取り組みでした。


エル書房が展開している、
子どもの個性に合わせた「声かけフレーズ」特集はこちらです。
 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ 
http://fbtw.me/haJyL0

親も子どもも気持ちいい子育ての参考に、よろしければ、ご活用ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lshobou.com/mt/mt-tb.cgi/251

コメントする